全国どこでも送料無料 GALLIEN-KRUEGER Fusion 500S 楽器・音響機器 , ベース , ベースアンプ,64350円,Fusion,/bezzo1923679.html,uonuma946.jp,500S,GALLIEN-KRUEGER 楽器・音響機器 , ベース , ベースアンプ,64350円,Fusion,/bezzo1923679.html,uonuma946.jp,500S,GALLIEN-KRUEGER 全国どこでも送料無料 GALLIEN-KRUEGER Fusion 500S 64350円 GALLIEN-KRUEGER Fusion 500S 楽器・音響機器 ベース ベースアンプ 64350円 GALLIEN-KRUEGER Fusion 500S 楽器・音響機器 ベース ベースアンプ

全国どこでも送料無料 中古 GALLIEN-KRUEGER Fusion 500S

GALLIEN-KRUEGER Fusion 500S

64350円

GALLIEN-KRUEGER Fusion 500S

商品の説明

ギャリエン・クルーガーより、超小型軽量なハイブリッド・ベースアンプ・ヘッドのMB Fusionシリーズに更なる進化を加えたフュージョンSシリーズ・ベースアンプ・ヘッドのFusion 500Sが登場しました。
2010年の発表以来、超小型軽量のハイブリッド・ベースアンプの代表モデルとして君臨してきたMBフュージョン・シリーズが更なる進化を遂げ、フュージョンSシリーズとして誕生しました。
フュージョンSシリーズはMBフュージョンで培った技術とサウンドとコンセプトを受継ぎ、プリ部に12AX7真空管を3本搭載し、パワー部にクラスDの技術を採用することで、非常にパワフルでありながら軽量かつコンパクトデザインを実現しています。
フュージョンSシリーズのフロント・パネルは、幅約30cm×高さ約6cmほどの小ささながら、プッシュ式のスイッチ機能を持たせたイルミネーテッド・コントロール・ノブを採用することで操作もわかりやすく、驚くほどの多彩な機能とサウンド・ヴァリエーションを実現しています。
同様にリア・パネルの入出力端子も充実しています。
さらに付属の1ボタン・フットスイッチを使用することで、足元で瞬時にクリーン/ドライヴのサウンドの切り替えが可能です。
回路基板の接続には、レガシー・シリーズにも採用された金メッキされたコネクターを使用することにより、高品質なサウンドと高い信頼性を実現しています。
2つのクーリング・ファンによる放熱システムの装備や過度の熱や回路のショート、過負荷が生じたときに動作する保護回路と不具合を示すインジケーターも搭載している安心設計です。
また、重量3kg未満というウルトラ・ライトウェイトの実現により、運搬が容易な点も見逃せません。
出力の異なる3モデルをラインナップしていますので、小規模なスペースから大規模なステージまでニーズに合わせたモデル選択が可能です。

Specifications
■出力:300W@8Ω or 340W@4Ω
■コントロール: Trim/Voice,Normal/On,Overdrive/On,Edge/Cut,Level/Body,Bass/Bump,Lo-mid/Cont,Hi-Mid/Hicut,Treble/Pres,Master/Mute
■スイッチ: Power,Pin 1 [LIFT/GND],Source[Pre/Post],Cabinet Impedance
■入出力端子: Input AC Input,Direct Out,Phones,Aux In,Tuner,Foot Switsch,Return,Send,Speaker Outputs(speakON×2)
■イコライザー: [Bass] +/-10dB@60Hz [Lo-Mid] +6dB/-10dB@250Hz [Hi-Mid] +6dB/-10dB@1KHz [Treble] +/-14dB@7KHz
■ボイシング・フィルター: Contour +2dB@50Hz / -10dB@500Hz / +3dB@7 KHz
■サイズ(HxWxD): 61×291×271mm
■重量: 約2.3kg
■付属品: 取扱説明書, 電源コード, フットスイッチ, フットスイッチ・ケーブル

GALLIEN-KRUEGER Fusion 500S

このページの本文へ移動

こよみを知る

くらしのこよみ

ツバキ科の花には大きく分けてツバキとサザンカの種がありますが、冬の初めに先駆けとして咲くのは、山茶花(さざんか)。垣根にぽつりぽつりと花をつけ始め、冬の訪れを予感させてくれます。ツバキ科の仲間は、種類によって開花期がさまざまで、春までの長い期間をかけて咲き分けます。同じツバキ科でも、山茶花と椿(つばき)は、花の形は非常によく似ていますが、花弁の散り方に違いが見られます。
©うつくしいくらしかた研究所

メニュー

政策

組織別から探す