任期最終日に会派代表者会議が開かれる、しかもそこに呼ばれた。

 任期最終日(7月2日)に会派代表者会議が、午前9時から開かれることとなった。しかもそこに呼ばれた。

 会派代表者会議は、文字通り会派の代表者の会議であり、議会の正式な会議ではなく本来は通信網程度の役割しかない。

 それが、任期満了の7月2日に急遽開かれ、しかも会派代表でない私が呼ばれてしまった。

 行っても発言させないのであれば行かないと言ったが議長は、発言させるという。

 

 今回の選挙では、事前運動が横行し、戸別訪問、文書図画の配布等目に余るものがあった。(過去記事参照)

 選挙結果は、大平栄治、大桃 聰が落選したが、結果として選挙違反を繰り返した候補者が当選し、違反をしていない候補者が落選するのはおかしいと発信してきたが、それはそうだろう。

 このままにして置けば、今後の魚沼市の選挙は違反し放題になる。

 違反した候補者を当選させるべきではないのは当然である。

 

 仮に欠員が出ても私の得票は272.762票であり、今回の法定得票数=有効投票数20,170票/定数18/4=280票に届かないので、繰上りとはならない。

 欠員が二人以上出た場合は、再選挙となるかもしれない。

  • entry151ツイート
  • Google+

PageTop