選挙管理委員会よりの文書

Scan2021-07-07_084739.jpg

異議の申出がされたため、選挙の効力が確定されない。

供託金返還の請求及び公費負担の支出がしばらくの間保留される。とのことだ。

 

 異議の申出は、公職選挙法違反を繰り返した候補者が当選し、公職選挙法を遵守した候補者が落選することはおかしいだろうということだ。

 どんな公職選挙法を繰り返したのかは、過去記事参照。

プレミアム商品券家族分6冊購入しました。

 魚沼市第3弾プレミアム商品券を家族分6冊購入しました。

 前回第2弾で売れ残ったため、その数量にあわせての販売である。

 4日の販売初日の湯之谷会館では約30分待ちとか言っていたが、お昼に伺った湯之谷商工会では、ほとんど待ち時間もなかった。

 

 私の3人前に内田市長夫人が、家族分7人14冊を購入していた。

 

 市民だし、購入の権利もあるからどうこう言うつもりはないが、市内一番の高給取りの市長が、そんなに慌てて購入しなくてもいいのではないかなと思う。

 売れ残りそうだとなれば、購入すればいい話で、人より早く恩恵に与ろうなどと考えるところが、市長の器ではない。

何の役にも立たない会派代表者会議

 まったく無駄な1時間だった。

 あくまで議会の問題だという意識が、何にもない議員たちで辟易した。

 

 大昔にもう亡くなったある議員が絡んだ事件があったのだが、それを議会で取り上げなければと発言したら、当時の議長(星謙一)は「大桃さんには発言させません」と遮り、その後発言をさせなかったことを思い出した。

 

 だめだこりゃ(いかりや風)。

任期最終日に会派代表者会議が開かれる、しかもそこに呼ばれた。

 任期最終日(7月2日)に会派代表者会議が、午前9時から開かれることとなった。しかもそこに呼ばれた。

 会派代表者会議は、文字通り会派の代表者の会議であり、議会の正式な会議ではなく本来は通信網程度の役割しかない。

 それが、任期満了の7月2日に急遽開かれ、しかも会派代表でない私が呼ばれてしまった。

 行っても発言させないのであれば行かないと言ったが議長は、発言させるという。

 

 今回の選挙では、事前運動が横行し、戸別訪問、文書図画の配布等目に余るものがあった。(過去記事参照)

 選挙結果は、大平栄治、大桃 聰が落選したが、結果として選挙違反を繰り返した候補者が当選し、違反をしていない候補者が落選するのはおかしいと発信してきたが、それはそうだろう。

 このままにして置けば、今後の魚沼市の選挙は違反し放題になる。

 違反した候補者を当選させるべきではないのは当然である。

 

 仮に欠員が出ても私の得票は272.762票であり、今回の法定得票数=有効投票数20,170票/定数18/4=280票に届かないので、繰上りとはならない。

 欠員が二人以上出た場合は、再選挙となるかもしれない。

  • entry151ツイート
  • Google+