選挙管理委員会に行ってきた。

 開票作業の手順や人員配置等について、確認するために選挙管理委員会に行ってきた。

 不正をやろうと思えばかなりのことができるようだが、それをやる動機があるのか?

 複数人配置で確認している状態で、それが秘密裏に行われる保証があるかと考えれば、不正の可能性は限りなく低いだろう。

 

 しかしながら、8:30分の速報値では、500票の一律で公表したかったのだが、400票、200票しか出ない候補者がいたため、500票以上の候補者の票は、開票されない票として積み上げられていたと想像できる。

 この速報値の開票率は、46.48%であるが、この公表された票の合計を投票数で割った数字なので、本来の開票率とは違うということがわかった。

 100票毎にバーコードを付けて積み上げて入力されていない票があるはずだが、それは開票率には含まれないため、このようなことがおきるのだろう。

 8:30の速報値の開票率は46.48%なので、残票は10,670票となり、その中から、大平栄治は28票、私は72票しか出ないのは、確率的におかしいという人がいるが、速報値の開票率は本当の開票率ではないので、このようなことがおきるのではないだろうか。

 わかりにくいので是正したほうがよいと進言してきたが、もっといいやり方があるのかは分からない。

  • entry150ツイート
  • Google+

PageTop